常に風評被害や誹謗中傷と隣り合わせのネット時代、お困りの時は弁護士へ相談を!

ネットで風評被害にあったら弁護士に相談

匿名で自分を明かさずに簡単に発言出来るため、誹謗中傷や風評被害にさらされる事例が増え続けている

ネットでの書き込みが増えている現在、ネットでいわれの無い非難を受けたり、執拗にネガティブな書き込みをされたり、根拠の無い噂で誹謗中傷されたり、不適切なホームページやニュース報道で風評被害にさらされる、そんな事例が増え続けています。

増え続けてきた要因といたしましてはやはり、匿名で自分の名前や顔を明かさずに他人に対して簡単に発言出来るからです。それ以外に、嫉妬やねたみ、恋愛感情のもつれからのストーカー化、目に見えない相手だからこその炎上と言われる誹謗中傷の過激化、単純な人権侵害などもあります。風評被害にあうと、全く根拠のないでっち上げの情報のせいで営業の妨害を受けたり、他人に悪い印象を勝手に作られてしまいます。

今の時代は、2ちゃんねるに代表されるネットの掲示板以外にも、様々な情報発信ツールがあります。毎月あたらしいサービスやアプリがローンチされていますし、mixiやFacebookといった会員制サービス以外にも、TwitterやLINEなど様々なツールで不確かな情報が一気に拡散してしまいます。SNSで書きこみをしたら、直ぐに全ユーザーにゆきわたって、面白半分で拡散する人もいます。内気な今の若者のストレスのはけ口などに過ぎないという見方もありますが、営利目的で嘘のニュース(フェイクニュース)を流すことがアメリカ大統領選挙を機に、一気に社会問題化しました。安易に視聴率や集客数が取れそうなニュースを大手メディアがしっかり検証せずに流してしまうことで被害が拡大する事例も散見されます。

嘘のニュースの報道被害に遭った場合は、すぐに弁護士に相談

このような風評被害や誹謗中傷への対処法といたしまして以下があります。まずは自分の悪口が書き込まれた掲示板の管理者にその有無を伝えて、削除してもらう事です。あと、相手が悪口を書き込んだ証拠として、文章をプリントアウトをしておくと弁護士に相談する時とかにも役にたちます。ただいま弁護士のサイトでは無料で相談を引き受けてくれるところが多いです。

弁護士に相談するとどんなメリットがあるかといいますと、一番大きいのは安心感です。一方的に誹謗中傷や風評被害に1人でさらされ続けるプレッシャーから解放されます。次に法的措置があります。風評被害はどんな刑罰が相手に与えられるかといいますと、名誉毀損罪にあたります。他人の悪口を言って、相手の信用を奪うからです。2011年の食中毒のデマで経済的な支障がでたケースで、風説の流布で、金融取引法で10年以下の懲役、1000万以下の罰金です。なのでもしも嘘のニュースの報道被害に遭った場合は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

あとは先に誹謗中傷対策をうっておくことも手の一つです。2チャンネルのスレッドなどをお客様が見れなくするサービス、2チャンネルミラーサイトの対策、逆SEO対策として、ネガティブなコメントは降格させるサービスです。なので、商品など被害に遭われることも考慮してこちらも紹介させて頂きました。

最新投稿

  • 弁護士

    ネットの風評被害で受けたダメージを弁護士に相談

    自社の製品がインターネットで風評被害に合い売れ行きが激減、今後の対策を顧問弁護士に相談しました 自社の製品がイ …

    続きを読む...

  • レストラン

    ネットの風評被害で弁護士を雇いました

    根も葉もないまったくの事実無根の書き込みによって客足が減った友人の飲食店… 私の友人は飲食店を経営 …

    続きを読む...

  • PC

    ネットの風評被害は弁護士に相談することで法的な解決を行ってくれます。

    ネットでの風評被害の解決のために、この分野に精通した弁護士を探す方法は? ネットで風評被害が起きた時には弁護士 …

    続きを読む...

  • 弁護士

    飲食店への悪い口コミやネットからの風評被害は弁護士に相談することで法律による手続きを行ってくれます。

    経営している飲食店を紹介した口コミサイトに悪意ある書き込みが… インターネットの掲示板やお店の紹介 …

    続きを読む...