飲食店への悪い口コミやネットからの風評被害は弁護士に相談することで法律による手続きを行ってくれます。

経営している飲食店を紹介した口コミサイトに悪意ある書き込みが…

弁護士

インターネットの掲示板やお店の紹介サイトに書かれているよくないコメントなどによる風評被害を受けた場合には、法律を活用するとよいです。
私自身も法律に訴えることで克服した経験があります。私は飲食店を経営していますが、口コミサイトでも紹介されていました。
悪意のある書き込みを知ったのは友人からの連絡で、確認してみると実際に食べたとは思えないような内容で書かれており、サイトの運営会社に問い合わせると、書き込んだユーザーはすでに退会してるので削除はできず、裁判所などから依頼がないと削除できないという話でした。これ以上、このコメントからの風評被害を防ぐために何か対処をしようと思い、弁護士に相談することにしました。

弁護士会や自治体で定期的に行われている相談会に参加、弁護士を通してコメントを削除してもらいました

弁護士に相談するのは始めてだったので、まずインターネットで情報を探してみると弁護士会や自治体で定期的に相談会が行われているということで、参加しました。事前の予約の時に相談内容を伝えることで、内容にあった弁護士を紹介してくれました。解決手段の方法や手続きなどの説明をわかりやすく行ってくれて、わからないことや不安なことも丁寧に回答してくれました。この弁護士の対応に好感が持てたので、後日連絡し、依頼しました。
まず、行ってくれたのがコメントを削除で、法律的な手続きだったので、すぐにサイトの運営会社も削除してくれました。ユーザーに関しては、退会して時間も経っているので特定が難しいので、万が一また悪意あるコメントが行われた時に対処したらよいということでした。

ネットのコメントを削除してもらったことで、風評被害が広がるのを防ぐことができました。おかげで、現在は順調に売り上げを伸ばすことができています。悪意あるコメントもその後は掲載されることはありませんでした。